新サービスの登場!


数日前にTVで拝見したが、新しい宝くじのサービスが始まるのか!


どうやら、新しい数字選択式宝くじ「ロト7」(ロトセブン)が発売するというのだ。


既に発売しているロト6との相違点は下記の通りです。


1.1等当選金の上限
ロト6の場合→2億円
ロト7の場合→4億円
※キャリーオーバーがある場合は上記金額の倍額となります。


2.発売額(1枚あたり)
ロト6の場合→200円
ロト7の場合→300円
※ロト7の場合はジャンボ宝くじの値段と同額です。


第一回目の発売日は来月(4月)1日となります。(勇み足にご注意。)


但し、第一回目目の抽選日は4月5日で、以降の抽選日は毎週金曜日となります。


選択の幅が広がった分、迷いが出るかもしれませんね。


閲覧のページはこちら"新サービスの登場!"
【はがきのコツ・宝くじ (特集記事)の最新記事】

同じくじのタイプでも、年齢制限ありのくじがあるのでご注意。


読者の皆さんが、ご存知である宝くじ。


宝くじの場合、基本的に年齢制限はありませんので、どなたでもくじを購入することができます。(親に頼まれても、購入は可能です。)


しかし、Jリーグが対象である「トト」となりますと、事情は違います。


大きな違いとして、宝くじの場合は宝くじ売り場で購入することになっていますが、トトの場合は指定の売り場,コンビニエンスストア(コンビニ)などの店舗に限られます。


また、トトの場合は宝くじの場合とは違って年齢制限があります。(18歳以下の購入は、法律で禁止事項となっています。)


感覚的には、宝くじと競馬,競輪,競艇,オートレースといったギャンブル系の間といったところです。


共通点として、宝くじとトトの場合は所得税がかからないとのことです。


しかし、上記を元に事業などを行う場合、所得に関する事項に当てはまる可能性があるため、詳しくは税務署などの機関にお尋ねください。


事実上、年齢制限が無いのは宝くじといっていいです。


仮に、トトの購入を親から頼まれて購入しようとしても、恐らくダメでしょう。


“同じくじのタイプでも、年齢制限ありのくじがあるのでご注意。”の続きを読む

ちょっとした、運試しの感がある。


毎週月〜金曜日の13:00〜13:30にかけて放送している人気番組「ごきげんよう」。


司会者の小堺一機さんが、軽快なトークで進めて行く番組。


ゲスト出演者の3組の方が、順番どおりでサイコロを転がすところが、ほっこりしているところがあります。


サイコロに書かれている内容のうち、「当」の文字が出たら正に豊作もの。


しかも、スタジオでの観覧者及びハガキでの応募者から抽選でスポンサーの賞品が当たるおまけ付き。(当選者の方は、まさにラッキーものである。)


その時の内容はその都度代わるものの、拝見した範囲は「COROZO」からの質問が多いです。


ところが、「COROZO」からの質問は際どい質問が目立ち、ゲストからの解答が苦心しているのを拝見すると、思わず笑い出すことがあるのです。


番組を開始してから、早20年とのこと。


これからも、どんどん更新してほしいところです。


なお、ハガキでの応募の際はできるだけ毎月の下旬に投函するのが望ましいです。


というのも、ゲストの方は基本的に箱の上部にハガキを取り出す傾向があるからです。


拝見した範囲では、箱の下のほうからハガキを出したケースは無いのです。


懸賞応募


グリーンジャンボの季節ですね。


昨年の暮れに、紹介文の重複対策を行ってから早1ヶ月を経過した。


しかし、更新頻度が少ないためか困ったことが起きたのである。


どうしたことか、グーグル社が提供しているウェブマスター内の項目に重複対策の部分があるが、最新の情報では2月11日以降の更新が途絶えたままである。


正直なところ、心配である。


早く対策を終えたいところなのに。


そんなことを言っていると、「グリーンジャンボ」宝くじの告知CMが流れていた。


もう、その時期が来たのか。


発売開始日は2月14日で、締め切りは3月8日となっています。


早く、宝くじを購入すれば有利とのことは無いので、ご用心。


1等前後賞を当たると5億5,000万円もいくのだから、飛びつきたい気持ちは解ります。


宝くじの購入は焦らずに。


懸賞応募


新規にブログを始める方にお知らせ。


1ヶ月ぶりの投稿です。懸賞インフォメーションの管理者です。


ブログの記事は誰でもやりやすい反面、アメーバブログ(確認している範囲。)以外のブログではテンプレートをそのまま使うことは出来ない。


最大の理由はタイトルの件は割りと修正して使っているケースが目立つものの、紹介文の部分は気付かずにそのままブログの記事上げをしているケースが多いのです。


かつてはニフティが運営するココログを利用したことがありましたが、運営期間が短いため良く覚えていないのです。


これからブログを始めようとするビギナーブロガーの皆さんに忠告します。


アメーバブログにつきましてはそのままの状態で記事上げを行っても問題はありません。


だが、上記以外のブログにつきましては、立ち上げを行った後にテンプレートの中身を点検し、タイトル及び紹介文のところに特定のコードしか書いていなければ、修正してから記事上げを行うと、事前にトラブルを防ぐことが出来ます。


私自身はグーグルのウェブマスターを利用していますが、正直なところ、何故 紹介文の重複が起きるのかわかりませんでした。


前職は全く違う職業に携わっていたのと、ブログ,ホームページの運営経験が無いため、紹介文の重複を気付くのに数年もかかったのです。


もっと、早く気付いていればよかった!


と後悔しています。(ひょっとしたら、かなり大きな稼ぎになっていたはずです。)


一部のブログに対してですが、タイトル,紹介文の重複対策の方法(テンプレートの修正方法)を既にインターネットで公開しています。


ビギナーブロガーの皆さんは必見です!!


懸賞応募


2013年 新年のあいさつ


読者のみなさん、新年のご挨拶が遅れて申し訳ございません。


懸賞インフォメーションの管理者です。


昨年は、実にいろいろの出来事が有った年だと思います。


著名芸能人が相次いで亡くなられた方が多い年でした。


ロンドンオリンピックがあり、メダルラッシュであったのを覚えています。


本年はサッカーのW杯の最終予選があり、来年に行われるロシア・ソチ五輪の代表選考の年でもあります。


本年も、スポーツのイベントは目が離せません。


読者の皆さんにご多幸をお祈りし、挨拶に代えさせていただきます。


本年も、よろしくお願いいたします。


懸賞応募


2012年 年末の挨拶


当ブログの管理者です。


本年 2012年12月30日でもって、記事更新を終了します。


2012年は正に波乱に満ちた年でありました。


天変地異が目立つだけでなく、著名芸能人が相次いで逝去した方は異常に多かった気がします。


株式市場では年末での株価が年始に比べて上回ったのは誠にいいことなのです。


また、為替相場では年末での為替レートは年始に比べて円安に傾きつつありますが、油断はできません。


貿易赤字が予想より多かった影響も考えられます。


来年はどんな年になるのか、これからが正念場になる1年になると思います。


懸賞応募


年末ジャンボ宝くじ発売のお知らせ(2012年版)


当ブログの管理者です。


いよいよ、2012年もあと残りは40日あまり。


ついに、年末ジャンボ宝くじ発売予告の告知です。


ちなみに発売開始日は、2012年11月26日です。(発売終了日は12月21日です。)


また、宝くじファンの方ならご存知だと思いますが、発売範囲は全国各地です。


間違っても、11月25日以前に宝くじ売り場に行っても売ってくれませんので悪しからず。


くれぐれも、お間違いのないよう、お願い致します。


詳しくは、「宝くじ公式サイト」にアクセスしてからご覧ください。


懸賞応募


スマホに関する裁判は大変だ。


当ブログの管理者です。


ここのところ、スマホに関する裁判があちこちに起こされているようだが、アップル社VSサムスン社との特許紛争の根深さを残したといえる。


しかも、紛争対象国は10ヶ国にのぼるから容易じゃない。


ちなみに、米国ではアップル社の勝訴だが、日本ではサムスン社の勝訴(アップル社の請求は棄却)である。


韓国では、何故か双方共に販売禁止処分が出ているとか。


正直なところ、難しい裁判である。


まだ、数ヶ国分の裁判に影響が及ぼす可能性があるため、注視する必要がある。


仮に、双方とも販売禁止処分が確定するとどうなるのか、ユーザーにとっては頭の痛いだろう。


懸賞応募


今回のサマージャンボ宝くじのキャストは過激!


当ブログの管理者です。


現在発売中のサマージャンボ宝くじCMのキャストについて仰天している。


主演の木村拓哉さんならわかるが、助演のジミー大西さんが登場したのはさすがに驚いた。


管理者にとっては予想しない結果であるといえる。


宝くじの当選率を上げる努力をしている方が結構いますが、少なくとも5年以上買い続けている方が多いとか。


ある面は気楽にやった方がいいかもしれません。


今回の発売期間は、今月(7月)27日までのようです。


なお、この他には「2000万サマー」がありますので、ご購入の際はくれぐれもお間違いの無いようご留意ください。


懸賞応募